スポンサーサイト

  • 2017.08.09 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

腸内フローラとふすまパンの話

  • 2017.08.09 Wednesday
  • 11:37

管理栄養士のふーちゃんです。

腸内フローラの話をまたまたします。
食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類があります。
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の働きの違いを説明します。

不溶性食物繊維は野菜、ナッツ、果物といった食物繊維が多い印象の食材に多く含まれています。
これは、水分を吸って膨らみ、便の量を増やし、腸の働きをよくします。
便秘解消に役立ちます。

水溶性食物繊維は腸内細菌のえさとなり、短鎖脂肪酸をつくります。
すると腸内は悪玉菌が生息しにくい弱酸性の環境となります。
そして、便秘解消のほか、大腸がん予防、炎症予防、肥満予防、糖尿病の予防、神経の新生(認知症の予防する?)を促すことがわかってきました。


便の水分量を増やし、便を柔らかくする働きがあります。
また、食物繊維はご存じの血糖の上昇をゆるやかにしてくれますね。
糖質や脂質の吸収を抑制する働きがあるので、ダイエットに最適な食材といえます。
水溶性食物繊維は、豆類、納豆、大麦、ライ麦、いも類、ごぼうにも多く含まれます。
ふすまパンは食物繊維がたっぷり、小麦ふすまと大豆から出来ています。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手足口病に気をつけて

  • 2017.08.05 Saturday
  • 18:56

管理栄養士のふーちゃんです。

 


手足口病をご存じでしょうか?夏場に乳幼児を中心に流行する感染症です。


現在、この10年間で1番の流行となった2011年(9.72人)に次いで多い数です。(国立感染症情報センターより)
北海道でも患者が増加しています。


この手足口病は、手や足に現れる水庖性の発疹(水ぶくれ)を主症状とした急性ウィルス感染症です。
典型的な症状は、軽い発熱、食欲不振、のどの痛みなどで始まり、発熱から2日ほど過ぎた頃から、手のひら、足底、口腔内などに、紅暈(こううん)を伴う小水疱が出てきます。
発疹は一週間から十日程度で、自然に消失しますが、ごくまれに髄膜炎や脳炎を起こすことがあるので、発熱や嘔吐、頭痛がある場合、注意をすべきです。


コクサッキ―A16型、エンテロウィルス71型、コクサッキ―A10型、その他によって起こることが知られます。
今年は、昨年より流行しているコクサッキ―A6型が検出されています。
例年、報告数の90%前後を5歳以下の乳幼児が占めています。この年齢の乳幼児が集まる施設、保育施設や幼稚園で子ども同士の遊びで、接触が起こります。


小さなお子さんがいる場合、気をつけたいものです。


まれに大人も罹ることもあります。大人の場合でも、手と足に水疱性の発疹が出ます。
手に出来ている場合、痛くてペットボトルの蓋を開けられない。
足に出た場合には、足裏が痛いため、歩けないということもあります。
治療法は、特異的な治療はありません。対処療法になります。
安静にして外出を避ける。


口腔内に発疹が出来ている場合には、刺激物を避け、軟らかく、薄味の食べ物にする。
水分不足になりやすいので、熱中症の予防にも、水分を補給するようにしてください。
予防には手洗い、うがいをする。
遊具やおもちゃ、トイレの消毒をする。タオルの使い回しをしない。
おむつ替えした手で他の物に触れない。外出から戻ったら、手洗いを徹底するようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

人工甘味料、体重増加や心臓病などのリスク?

  • 2017.07.25 Tuesday
  • 13:28

管理栄養士のふーちゃんです。

 


人工甘味料が腸内細菌に与える影響など研究されてきました。
減量中には、カロリーの少ない人工甘味料のお菓子や飲料を頼るケースがありますが・・・
長期的な、本格的な研究が必要ですね!


************************************

人工甘味料、体重増加や心臓病などのリスク?

人工甘味料は長期に渡る体重増加や、肥満、糖尿病、高血圧や心疾患のリスク増加と関係しているおそれがあるという。カナダ・マニトバ大学が複数の研究例をとりまとめて解析した結果から。

アスパルテームやスクラロース、ステビアなどといった人工甘味料の消費は広く普及している。新たなデータにより、人工あるいはノンカロリー甘味料は、代謝や腸内細菌・食欲に負の影響を及ぼすおそれがあることが示された。ただし研究例により結果はやや異なるという。

人工甘味料の摂取が、体重や心疾患に長期の負の影響があるかどうかを十分に理解するため、研究者らはのべ40万人以上を平均10年間に渡り追跡した37の研究例についてのシステマティック・レビューを行った。

研究例のうち、臨床研究のゴールドスタンダードとされる無作為比較試験はわずか7件のみであり、対象者は計1003名、追跡期間は平均6か月だった。減量に対する効果は一貫していなかったが、追跡期間が長い研究ほど人工甘味料の摂取が体重増加や肥満、高血圧、糖尿病、心疾患などのリスクが高い傾向があった。

「何百万もの人が人工甘味料を摂取しているにも関わらず、これらの製品の臨床試験の参加者は比較的少ないのです。私たちは臨床試験のデータから、人工甘味料の体重管理を目的とした利点をはっきりと裏付けることはないとわかりました。人工甘味料が広く普及し消費量も増加していること、そして現在の肥満やそれに関連する疾患の蔓延をふまえ、人工甘味料の長期的なリスクと利点を見極めるためには更なる研究が必要でしょう」などと研究者らは話している。

出典は『カナダ医師会雑誌』。 (論文要旨)      


http://www.nutritio.net/linkdediet/news/FMPro?-db=NEWS.fp5&-Format=detail.htm&kibanID=60821&-lay=lay&-Find

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鮭とアスパラのパスタ

  • 2017.07.04 Tuesday
  • 14:48

管理栄養士のフーちゃんです。


簡単レシピを紹介します。
今回は簡単パスタです。

 


<材 料>
スパゲティ1.4mm 320 g 【塩32 g(大2杯強) 湯3.2 l(水16カップ) 】
グリーンアスパラ 200 g にんにく20 g(2かけ)オリーブ油36g(大さじ3杯)
鮭フレーク60 g 粒コショウ 少々

<作 り 方>
.▲好僖蕕郎元を1センチほど切り落とし、ななめ切りにする。

△砲鵑砲を薄切りにして
フライパンに入れてオリーブ油を加え、軽く色づくまで炒め、火を止める。

F蕕謀鬚鯤┐し、塩を入れてスパゲティを茹でる。

よГ任△る1〜2分前に,離▲好僖蕕魏辰┐討罎如一緒に引き上げ、
ザルで水気を切る。

キ△離侫薀ぅ僖鵑縫僖好燭肇▲好僖蕕魏辰─∈フレークを加えさっと炒め、粒こしょうをふって火を止める。

 


<1人分 栄養価>
熱量 430 kcal タンパク質16.4 g
塩分1.0 g 食物繊維3.4 g

 

 

 

 

 

 

 


 

ベジタリアンの食事はダイエットに効果的!?

  • 2017.07.01 Saturday
  • 09:17

管理栄養士のフーちゃんです。

ベジタリアンの食事と通常の低カロリー食でのダイエット効果を比較した
実験の報告です。
ベジタリアンの食事の方が体重が減っています。
6か月実施されているのが、すごいですね。

******************


ベジタリアンの食事はダイエットに効果的!?

糖尿病患者において、ベジタリアン食は、通常の低カロリー食より、体重減少だけでなく、筋脂肪を減らし代謝の改善により効果的であったという、チェコ・臨床実験医学研究所からの研究報告。

研究では、2型糖尿病患者74名を対象とし、無作為にベジタリアン食と、通常の低カロリー食に振り分け、6か月間介入調査を行った。

ベジタリアン食は、野菜、穀類、豆類、果物、ナッツで構成され、動物性食品は、低脂質ヨーグルトを1日1ポーション未満とした。低カロリー食は、欧州糖尿病学会が推奨する従来の糖尿病治療食とした。総カロリーはどちらも、当人の体重を変えないカロリー(isocaloric intake)から-500kcal少ない量とした。

介入の結果、体重は、ベジタリアン食を食べた群では平均6.2kg、低カロリー食を食べた群では平均3.2kg減少した。

研究チームは、MRI(磁気共鳴画像)を用い、対象者の皮下脂肪、筋膜下脂肪、筋中脂肪の減量についても比較した。

2つの食事による皮下脂肪の減少は同等であった。しかし、ベジタリアン食においてのみ、筋膜下脂肪が減少し、さらに、筋中脂肪はベジタリアン食で、より減少した。

筋肉の脂質の増加は、2型糖尿病患者のインスリン抵抗性と関連があり、筋肉の脂肪を減らすことは、糖代謝の改善に有効かもしれないという。

著者らは、ベジタリアン食は、減量に最も効果的であり、筋肉の脂肪を減らすことにも有効で、代謝が改善されるのだ、と述べている。また、この発見は、糖尿病患者のみならず、体重管理を行う人や健康でいたいと思うスリムな人にも関係があることだと述べている。

出典は『米国栄養学会雑誌』。 (論文要旨)

http://www.nutritio.net/linkdediet/news/FMPro?-db=NEWS.fp5&-Format=detail.htm&kibanID=60523&-lay=lay&-Find

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM