スポンサーサイト

  • 2017.08.09 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

手足口病に気をつけて

  • 2017.08.05 Saturday
  • 18:56

管理栄養士のふーちゃんです。

 


手足口病をご存じでしょうか?夏場に乳幼児を中心に流行する感染症です。


現在、この10年間で1番の流行となった2011年(9.72人)に次いで多い数です。(国立感染症情報センターより)
北海道でも患者が増加しています。


この手足口病は、手や足に現れる水庖性の発疹(水ぶくれ)を主症状とした急性ウィルス感染症です。
典型的な症状は、軽い発熱、食欲不振、のどの痛みなどで始まり、発熱から2日ほど過ぎた頃から、手のひら、足底、口腔内などに、紅暈(こううん)を伴う小水疱が出てきます。
発疹は一週間から十日程度で、自然に消失しますが、ごくまれに髄膜炎や脳炎を起こすことがあるので、発熱や嘔吐、頭痛がある場合、注意をすべきです。


コクサッキ―A16型、エンテロウィルス71型、コクサッキ―A10型、その他によって起こることが知られます。
今年は、昨年より流行しているコクサッキ―A6型が検出されています。
例年、報告数の90%前後を5歳以下の乳幼児が占めています。この年齢の乳幼児が集まる施設、保育施設や幼稚園で子ども同士の遊びで、接触が起こります。


小さなお子さんがいる場合、気をつけたいものです。


まれに大人も罹ることもあります。大人の場合でも、手と足に水疱性の発疹が出ます。
手に出来ている場合、痛くてペットボトルの蓋を開けられない。
足に出た場合には、足裏が痛いため、歩けないということもあります。
治療法は、特異的な治療はありません。対処療法になります。
安静にして外出を避ける。


口腔内に発疹が出来ている場合には、刺激物を避け、軟らかく、薄味の食べ物にする。
水分不足になりやすいので、熱中症の予防にも、水分を補給するようにしてください。
予防には手洗い、うがいをする。
遊具やおもちゃ、トイレの消毒をする。タオルの使い回しをしない。
おむつ替えした手で他の物に触れない。外出から戻ったら、手洗いを徹底するようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

スポンサーサイト

  • 2017.08.09 Wednesday
  • 18:56
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
コメント
コメントする

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM